前の会社を契約期間満了で退職し知人の紹介で牧場の手伝いをしてましたが、左手の昔の古傷が再発し限界を感じ辞めさせて頂きました。
そんなわけで秋の定期血液検査も今回は取りやめ。

9月以降初めて雇用保険受給者となり3ヶ月間ハローワーク、民間情報会社、派遣会社で求職活動し25社トライし求人票と雇用契約書の内容の異なる中小企業で12月から働き始めました。
日給月給、一日25Kgの袋を2000kg前後動かしています。
昔の古傷が影響しないよう工夫してますが、膝には少し来ます。
以前、退院後に腰痛、両腕の五十肩、両膝頭に傷み(通常使わなければ傷みはなく、しゃがんで立ち上がる時や重量物を持ち上げ向きを変える動作時に痛みが出る)、が出て来たと書きました。
腰痛と五十肩は抗がん剤による副作用で老化したことが原因だと理解出来ましたが、膝頭の傷みは解りませんでいした。
それが昨年の暮れに知人の紹介で伺った接骨院で大腿四頭筋が弱くなったことが原因と解りました。76日間の入院生活による落ち込み。
病棟内でラジオ体操、廊下歩き、階段の昇り降りと一番元気な患者を自負していましたので意外な結果です。
大腿四頭筋が弱体したことで、膝に負担がかかってしまうのだそうです。
治療方法は両足首に2キロづつの負荷をかけ(アンクル等)床に仰向けになり片足5秒づつ30度の角度に5分間上げる動作を朝、夕(出来れば昼間も)行う。

翌日から毎日、朝と帰宅後に行っています。今の仕事を始めた時より大分作業時の膝の痛みがウチバになってきてるように感じています。

気候が暖かくなってから自転車で長距離走行する。 自転車は膝に負担がかからず大腿四頭筋の強化ができるそうです。
相撲のしこ、立会の動作、腰を下ろして両手のひらを天井に向け、背骨にR(アール)を作るように天井を見上げながらのスクワットだそうです。
常に膝痛が出てる人には向かないようです。

このように昨年は骨髄腫の友人の死や失業、就職活動、転職と色々ありました。
今年は平穏に生かせて頂きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fldonkey.blog63.fc2.com/tb.php/39-5b3c6e08