上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月14日 化学療法開始。骨髄浸潤がひどい所為かCHOPが先になる。夜中にしゃっくりが出る副作用?が2日続いた。プレドニンは今日から5日間飲む。苦い。体重55.1Kg

7月15日 副鼻腔炎治療、化学療法が始まると白血球が下がり免疫力が低下し感染症の危険が生じる為、虫歯、副鼻腔炎(蓄膿症)等の治療を済ませておく事になる。

7月17日 副作用 べろのしびれ、ひりひり感が出る。
 
7月18日 リツキサン、副作用 あごの痛み、微熱、発汗、虚脱感が出る。

7月19日から28日まで 抗生物質を点滴 発熱(38.9度)と骨の痛みがある。
がん患者の会の会合がこの日にあり参加した。入院中の患者は一人だけだった。
ナースセンターの前にお知らせの張り紙があった。
7月21日 血小板、赤血球輸血。

7月22日 昨日、白血球数が200まで落ち感染症予防の為、アイソレータ(ベットの周りをビニールで囲われ頭の方から空気清浄機で風が流れる様になってる)を使用することになる。活動範囲も部屋の中に制限される。

この時は看護士さんに買物や用事をお願いしてお世話になった。ありがとう。

7月25日 赤血球輸血。骨の傷み、ベロのしびれ減る。

7月27日 血小板輸血、アレルギー(じんましん)が出て中止。
 副作用 脱毛が始まる。指でつまんだらごっそりと抜けてきてショックだった。
 体重48.3Kg、入院期間中で最低値。発熱や味覚障害で食欲が落ちたのが大きかった

7月29日 アイソレーターから開放される。強制的に背中側から風が流れてる状態で寒かった。うれしさと体力維持の為、病院内を歩き回る。

7月30日 体重49Kg、白血球も1400迄戻り病院内での活動許可が下り、理容院へ行き
思い切ってスキンヘッドにした。ともかく無くなるまで抜けてくるので正解だった。
今月はノイトロジンを28本注射。(6月30日に1本)

昨日、歩きすぎたのか爪が長すぎたのか?両足の親指の爪が紫色に変色。看護士に聞くと剥れたわけでは無いので、血小板が少ない事も影響してるとか説明があった。

8月2日 入院していて感じたのは、身近(入院してる階)にリンパ腫の情報が少ない事。
計画入院でなく緊急入院だったせいか資料らしい物はもらえなかった。

仕方なく白血球が安定し感染症の恐れが無い時に病院中探し回った。
病院自体の情報も外から(インターネット)で見た方がはるかに分かりやすい事に気付いた

前回の癌患者の会の世話人看護士から、血液のガンの患者会が発足する事を聞いていたので参加した。白血病が3名、マントル、濾胞性1名づつだった。皆さん何らかの移植経験をされていた。

8月5日 2クール目 リツキサン 副作用で39.1℃の発熱。
 この病院ではR-Chopの場合入院で2クールして、以降外来でする事になっているが、今回の発熱でアレルギー対策を探る為もう1クール入院で実施する事になった。

8月7日 2クール目 オンコビン、アドリアシン、エンドキサン、プレドニン(5日間)
 午後8時頃からまたしゃっくりが始まる。

8月11日 やっと体重が51Kg迄戻る。白血球が落ち込むと出される食事が、総て加熱処理されたものになったり、副作用で味覚障害が出たり食欲がなくなる。
 インスタントみそ汁、カップラーメンの力を借りて食事は完食に努めた。

8月17日 血小板輸血、今回はアレルギーは出なかった。

8月20日 今後の治療に対する説明があった。アドリアシンの心臓への蓄積副作用と温存の為、治療は6クールになった。

8月22日 食事を大盛に戻してもらう。7月5日に外科に転出してから普通盛りだった。

8月26日 3クール目リツキサン(発熱対策を探る)

8月28日 3クール目オンコビン、アドリアシン、エンドキサン、プレドニン(5日間)

8月29日 退院前に外出届けを出し、自宅に戻った。今まで世話になったパートに今日限りでやめてもらう為、最後に一言謝りたかった。むなしさ悔しさが込み上げてきた。

8月30日 努力のかいあって体重が54Kg迄戻る。

8月31日 退院。外来で残り3クールをする事に。

長い76日が終わった。この間、仕事は女房任せ、頭の中はこの病気が今後どうなるのか?それによって仕事をどうしていくのか?そんなことばかり考えていた。
奥さんにありがとう。

今月ノイトロジンを27本注射。合計入院中56本注射。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。