上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト
2017.02.25 血液データー
ブログUP用血液データー170223
IL−2R(インターロイキン2受容体)

前回21回目の経過観察でIL−2Rの動きに気づき今回確認してきました。
過去の検査結果報告書を見ると2011年の第10回経過観察時から検査項目に加わっていました。

第18回定期観察時のデータから徐々に上昇、8月にPETで確認することになりました。
2017.01.02 経過観察記録
2008年
11月20日 第1回定期観察
12月 4日 骨髄穿刺
12月25日 第2回定期観察

2009年
 2月 9日  PET検査1回目
 2月19日 第3回定期観察 PETの異常なし
 4月16日 第4回定期観察
 6月18日 第5回定期観察
 8月25日   PET検査2回目 
 9月 3日 第6回定期観察 PETの異常なし
11月 5日 第7回定期観察
2010年
 2月15日  PET検査3回目
 2月18日 第8回定期観察 PETの異常なし
 8月12日  PET検査4回目
 8月26日 第9回定期観察 PETの異常なし

2011年
 2月07日  PET検査5回目
 2月10日 第10回定期観察 PETの異常なし
 7月19日  PET検査6回目
 7月22日 第11回定期観察 PETの異常なし

2012年
 1月19日 第12回定期観察 血液検査のみで異常なし
 7月 10日 PET検査7回目

 7月18日 第13回定期観察 血液検査、PET検査の異常なし
       主治医からあらためて濾胞性リンパ腫は10年、20年付き合うタイプだと
       聞かされました。

2013年
 1月24日 第14回定期観察 血液検査のみで異常なし
7月 25日 PET検査8回目
 7月18日 第15回定期観察 血液検査、PET検査の異常なし
       PET検査が隔年になった、主治医から私のタイプはこの検査意外に進行状況を
       確認する手段がない等の事でした。

2014年
 2月 6日 第16回定期観察 血液検査のみで異常なし
 8月 7日 第17回定期観察 血液検査のみで異常なし

2015年
 2月19日 第18回定期観察 血液検査のみで異常なし
 8月 6日 第19回定期観察 血液検査のみで異常なし

2016年
 2月25日 第20回定期観察 血液検査のみで異常なし
 8月24日 第21回定期観察 血液検査のみ。IL−2Rに変化がある

2017年
 2月23日 第21回定期観察 血液検査のみ。
血液データーは経過観察で診察を受けた時には、必ずプリントアウトして頂いていました。
「IL−2R(インターロイキン2受容体)」は診察当日に結果が出ず、今まで主治医からも何も指摘がなかったのでデーターとしても見てきませんでした。
8月の21回目の経過観察で主治医と二人何気にモニターを見て「先生この数字は?」と聞いたところ「オヤ」とつぶやいた後
「このIL−2Rだけに変化があるだけだから、様子見ですね」とのことでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。